働き方改革の推進

hatarakikata

社員を取り巻く環境は大きく変化し、少子超高齢社会における定年退職の延長や介護負荷の増大、女性活躍社会における家事や育児の役割分担など、多様な働き方の選択が求められています。また、会社においても労働時間短縮や残業抑制、魅力的な職場環境の創出などが求められています。

会社は社員の人生にマッチした働き方を可能とするため、ダイバーシティへの対応に取り組み、就業地、就業時間、職域など、状況に応じた選択ができる仕組みを準備しています。

社員一人あたりの労働生産性は向上しており、会社は様々なニーズに応えながらも事業規模を拡大し、かつ利益を出すことができています。今後とも生産性向上には継続して取り組まなければなりませんが、そこで得たゆとりを労働時間短縮に結び付けたいと考えています。

残業時間の縮小は、生活リズムの安定や、自分のための時間確保につながります。その結果が心身ともに健康な人材の増加につながると確信しており、これを確実に成し遂げることが企業の使命であると考えています。