会社の歩み

1963年
  • 東京都文京区駒込神明町において資本金200万円で設立
  • 代表取締役社長に老田 務就任
  • 測量法にもとづく測量業者として登録
1964年
  • 5部門にて建設コンサルタント登録
  • 大阪出張所開設(1972年10月、名称を大阪支社に変更)
  • 富山出張所開設(1981年3月、名称を北陸支社に変更)
  • 名古屋出張所開設(1998年7月、名称を中部支社に変更)
1966年
  • 埼玉県越谷市に技術本部を設置(1985年4月、名称を東京支社に変更)
1969年
  • 線形計算・格子計算・平面骨組解析プログラムを開発
1970年
  • 自動製図機を導入
1971年
  • 材料計算・BOX自動設計プログラムを開発
1972年
  • 本社を東京都千代田区神田佐久間町に移転
  • 仙台支所開設(1985年4月、名称を東北支社に変更)
  • 福岡支所開設(1998年7月、名称を九州支社に変更)
1974年
  • 海外事業室、総合交通システム室、上下水道課を設置、事業領域の拡大を図る
1975年
  • 本社を東京都文京区本駒込に移転
  • 決算日を12月から6月に変更
  • 地質部門を追加登録
1976年
  • 土質及び基礎部門、トンネル部門、都市計画及び地方計画部門、下水道部門を追加登録
1977年
  • 一級建築士事務所として登録
1978年
  • 地質調査業者として登録
1980年
  • 本社を東京都台東区東上野に移転
  • 「大三島橋」、「辰巳高架橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
1982年
  • 宇都宮営業所開設(1996年7月、名称を宇都宮事務所に変更)
  • 盛岡出張所開設(1996年9月、名称を盛岡事務所に変更)
1983年
  • 「月夜野大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
1984年
  • 「堀川筋高架橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 四国営業所開設(2006年7月、名称を四国支店に変更)
1985年
  • 新潟営業所開設(1991年6月、名称を新潟事務所に変更)
1986年
  • 横浜事務所開設(2011年7月、名称を横浜支店に変更)
  • 福島営業所開設(1992年8月、名称を福島事務所に変更)
1987年
  • 「かつしかハ-プ橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 代表取締役社長に清水永策就任
1988年
  • フィリピンにマニラ事務所開設(2010年9月廃止)
1989年
  • 本社を東京都台東区松が谷に移転
  • 「瀬戸大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
1990年
  • 岡山出張所開設(1993年7月、名称を岡山事務所に変更)
  • 北陸支社社屋竣工
1992年
  • 調査事業部を設置、物理探査分野の空中電磁法技術を地質調査分野に応用、事業領域拡大
1993年
  • 本社社屋竣工
1994年
  • 造園部門を追加登録
  • 本社を東京都豊島区駒込に移転
1995年
  • 建設環境部門追加登録、建設コンサルタント登録合計12部門となる
  • 日本証券業協会に株式を店頭登録(証券コード:9797)
  • ベトナム・コンピュータ会社(CMT社)とベトナム国に合弁会社設立で合意(1997年操業開始)
1996年
  • スイスフラン建新株引受権付社債を発行(2000年2月償還)
  • ベトナムに合弁会社NE-CMT Engineering Co.,Ltd.を設立
1997年
  • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 「南風原高架橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
1998年
  • 「伊勢湾岸自動車道名港三大橋(名港トリトン)」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 基幹システム「経営情報システム」導入
  • 東京支社が品質システム規格ISO9001認証取得
1999年
  • 「来島海峡第一大橋」、「多々羅大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 代表取締役社長に高木 健就任
  • 大阪支社、北陸支社、東北支社が品質システム規格ISO9001認証取得
  • NE-CMT社を当社100%子会社化(名称をNippon Engineering-Vietnam Co.,Ltd.に変更)
2000年
  • 九州支社が電子媒体で品質システム規格ISO9001認証取得
  • 本社、中部支社が品質システム規格ISO9001認証取得
  • 環境マネジメントシステム規格ISO14001(全社版)認証取得
2001年
  • 「ケーブルシステムによる長大吊橋」にて特許取得(特許番号:特許第3118185)
  • 「空中電磁法による地質調査」が建設省(現 国土交通省)新技術情報提供システム(NETIS)に登録
  • 技術顧問 前田幸雄 が土木学会功績賞を受賞
  • 建設コンサルタント部門「農業土木部門」を追加登録
  • 環境景観事業部・保全事業部・情報事業部・河川砂防事業部・CM事業部を新設
  • 各支社の品質マネジメントシステムを統合して全社の品質マネジメントシステムを確立
2002年
  • 「汽車道」、「志賀ルート-自然と共生する道づくり-」にて土木学会デザイン賞2001 最優秀賞を受賞
  • 「斜め写真による詳細図化解析」が国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録
  • 中国事務所開設(2006年7月、名称を中国支店に変更)
  • 品質マネジメントシステムと環境マネジメントシステムを統合して、品質、環境マネジメントシステムを確立
  • 「路床及びこれを含む交通路」にて特許取得(特許番号:特許第3383289号)
2003年
  • 土壌汚染状況調査指定機関の指定(2013年3月廃止)
  • 「五色桜大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 小山総合公園の「ふれあい橋」にて土木学会デザイン賞2002 優秀賞を受賞
2004年
  • 「南本牧大橋」にて土木学会デザイン賞2003 優秀賞を受賞
  • 代表取締役社長に船木健治就任
  • 「苫田大橋」にてグッドデザイン賞「建築・環境デザイン部門」を受賞
2005年
  • 建設コンサルタント部門「港湾及び空港部門」を追加登録
  • ベトナムにハノイ事務所開設
2006年
  • 「PCウェルを使用した変断面構造物の結合部構造」にて特許取得(特許番号:特許第3796605号)
  • 「苫田ダムの建設」にて土木学会技術賞(IIグループ)、「七色高架橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
2007年
  • 「基礎用杭体」にて特許取得(特許番号:特許第3997543号)
  • 「新豊橋」にてグッドデザイン賞「建築・環境デザイン部門」を受賞
2008年
  • 「苫田ダム空間のトータルデザイン」にて土木学会デザイン賞2007 最優秀賞を受賞
  • 「自立型ネットワーク計測システム」にて特許取得(特許番号:特許第4093392号)
  • 「新豊橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
2009年
  • 「橋脚の建て替え方法」にて特許取得(特許番号:特許第4369506号)
  • 代表取締役社長に川神雅秀就任
  • NEテクノ株式会社を設立
2010年
  • 「新豊橋」にて土木学会デザイン賞2009 最優秀賞を受賞
2011年
  • 「川崎ミューザデッキ」にて土木学会デザイン賞2010 優秀賞を受賞
  • 「耐震性能グレードを考慮したハーバーハイウェイ長大橋部の耐震補強事業」にて、土木学会関西支部技術賞を受賞
  • 「制震技術による長大斜張橋の合理的耐震補強-東神戸大橋と天保山大橋-」にて、土木学会技術賞(Iグループ)を受賞
2012年
  • 「はまみらいウォーク」にて土木学会デザイン賞2011 優秀賞を受賞
2013年
  • 創立50周年(1月23日)
  • 「新四万十川橋」にて土木学会デザイン賞2012 優秀賞を受賞
  • 「新湊大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • ICT統括センター、横浜支店がISMS認証取得
  • 代表取締役社長に高久晃就任
2014年
  • 「各務原大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 「狭山スカイテラス」にてグッドデザイン賞を受賞
2015年
  • 「富山大橋」にて土木学会デザイン賞2014 奨励賞を受賞
  • 東京支社を埼玉県さいたま市に移転し、名称を関東支社に変更
  • 「伊良部大橋」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
  • 「ニャッタン橋(日越友好橋)」にて土木学会田中賞(作品部門)を受賞
2016年
  • 「各務原大橋」にて土木学会デザイン賞2015 優秀賞を受賞
  • 「新湊大橋」にて土木学会デザイン賞2015 奨励賞を受賞
  • 「狭山スカイテラス」にて土木学会デザイン賞2015 奨励賞を受賞
  • 代表取締役社長執行役員に新井伸博就任