事業・技術紹介

CIMへの取組み

94a0a0935dce0236152d7ac76762660a

CIMおよび3次元CADに関する業務実績

当社では国土交通省が推進するCIM(Construction Information Modeling)について、設計技術と建設ITの両面から具体的な検討を実施し、CIMの推進支援、課題解決策の提案を積極的に行っています。

 

(1)業務名:【平成26年度CIM試行業務】平成26年度大落古利根川側道橋詳細設計業務

発注者:国土交通省関東地方整備局北首都国道事務所
概 要:本業務は、国道4号線東埼玉道路に付随する大落古利根川を渡河する側道橋詳細設計を対象に、①従来の詳細設計業務の流れに沿ってCIMを手段とした随時活用、②下流工程(施工段階、維持管理段階)での活用を見据えたモデル構築を行い、課題整理と効果検証を行いました。施工手順など時間軸属性を加味した4D施工シミュレーションなど、CIM導入としてフルスペックで実施しました。

全体鳥瞰イメージ

全体鳥瞰イメージ

鋼桁部モデルイメージ

鋼桁部モデルイメージ

施工シミュレーションイメージ

施工シミュレーションイメージ

(2)業務名:【平成26年度CIM試行工事支援業務】平成26年度富山河川国道事務所CIM活用支援業務

発注者:国土交通省北陸地方整備局富山河川国道事務所
概 要:本業務は、平成27年2月に開通した能越道の跨道橋(PC方杖ラーメン橋L=73.0m)を対象に、H24年度詳細設計において作成されたCIMモデルを利用して、CIM試行対象工事の技術支援を行いました。3次元モデルの施工計画や住民説明での活用、干渉チェック、維持管理段階での活用を目途とした品質管理属性(材料属性)付与など、施工業者の負荷軽減を図るための支援を行いました。

全体鳥瞰イメージ

全体鳥瞰イメージ

干渉チェックイメージ

干渉チェックイメージ

(3)業務名:【平成25年度CIM試行工事支援】北陸地方整備局CIM活用支援業務

発注者:国土交通省北陸地方整備局企画部技術管理課
概 要:本業務は、3次元形状情報を活用した建設生産システムの普及活動支援を目的とし、CIM試行対象工事の技術支援並びに効果検証と職員のCIMに関するスキルアップを目的とした講習会を行いました。なお、本業務の対象とする試行工事は、PC方杖ラーメン橋(橋長73m)工事及び付随する工事用道路設置工事でした。

掘削イメージ1

掘削イメージ1

掘削イメージ2

掘削イメージ2

(4)業務名:H24IC・JCT Jランプ他橋梁詳細設計業務

発注者:国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所
概 要:首都圏中央連絡自動車道の栄IC・JCTのH1ランプ橋(橋長108m)、Jランプ橋(橋長249m)の橋梁詳細設計を行いました。地元住民と関係者説明に利用することを目的として、栄IC・JCT全体の3次元CADモデルを作成しました。

鳥瞰図

鳥瞰図

工事工程図

工事工程図

(5)業務名:【平成24年度CIM試行業務】国道161号安曇川地区橋梁修正設計業務

発注者:国土交通省近畿地方整備局滋賀国道事務所
概 要:過年度設計済みの3橋梁について、最新の基準・条件等に基づき詳細設計を行いました。この内、溝橋(RC単純ポータルラーメン橋)について、CIM試行業務としてモデル作成・検討、導入効果検証を実施すると共に「近畿地方整備局CIM研究会」へ参加しました。

構造物モデル

構造物モデル

配筋モデル

配筋モデル

(6)業務名:【平成24年度CIM試行業務】H24中部横断道入之沢川橋詳細設計

発注者:国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所
概 要:中部横断自動車道が1級河川と町道を跨ぐ橋梁(橋長255m)の詳細設計を行いました。橋梁全体について、橋梁3次元データ流通の試行(レベル1,2)を行うと共に、CIM試行業務として中空橋脚に着目したモデル作成・検討(施工ステップ属性の付与)、導入効果検証を実施しました。

鳥瞰図

鳥瞰図

配筋図

配筋図

(7)業務名:平成21年度3次元デ-タ利活用WGに関する運営支援委託業務

発注者:日本建設情報総合センター
概 要:本業務は、国土交通省CALS/ECアクションプログラム2008の目標3(電子データの利活用)の実施項目の対応として、調査・設計、施工、維持管理に渡り、3次元データを流通、利活用させる方策を検討するために、別途指定するモデル工事(橋梁)を対象に、橋梁3次元モデルを作成して評価検討を行い、国土交通省CALS/EC推進会議の下に設置している「3次元データ利活用WG」運営のために必要な会議資料作成の支援を実施しました。

下部工剛結部詳細

下部工剛結部詳細

 

link 外部リンク CIM技術検討会 H24年度報告 – 日本建設情報総合センター

おすすめ記事

  1. 地域防災計画_01_01
  2. 竹原川魚道
  3. 市木川魚道_上流側
  4. 阿妻川魚道
ページ上部へ戻る