事業・技術紹介

竹原川魚道

竹原川魚道

インフラの老朽化を防ぎ、再活用した魚道

岐阜県下呂市を流れる竹原川では、砂防の床固工(治水施設)が設置されており、河床を守る目的や利水の目的は果たしていましたが、その落差により、魚類が移動出来なくなっていました。そこで、これらの床固工や取水口は、老朽化を防ぐために補修を加えるなどして活用しつつ、その上部に石組みの魚道を施工しました。

竹原川_.取水施設

 

山地河道におけるステップ&プールの創出と維持

竹原川_.取水施設

竹原川の河道内は、上述の床固工やその下流に設置された根固めブロックにより、落差が生じるとともに、河床が平らに成形されており、イワナやアマゴ等の生息環境として必要な深い淵が不足している状況でした。そこで、山地河道に見られる小規模な瀬と淵の繰り返しであるステップ&プールを手本とした魚道を設定し、洪水時の侵食・堆積作用でそれらが維持される計画としました。(写真右:施工前、写真下:施工後)

竹原川_ステップ&プール

 

川と生活 -文化景観-

江戸時代、本川の飛騨川では豊富な木曽のの材木を江戸、京都、名古屋へいかだを組んで運んでいました。このような産業利用以外にも、治水・利水施設が出来る前の竹原川では、住民と河川の距離がより近く、洗濯、野菜の洗浄、魚釣り、水泳等、日常的に河川が利用されていたと推測されます。このような、自然と人間生活の関わりの中から地域特有の文化が生じていたと考えられるため、これを保全することを試みました。ここでは、民家の前に設置された階段と根固工をなるべく近づけることにより、住民が河川をより利用しやすいよう配慮しました。

竹原川_文化

 

河岸の岩陰を表現する土佐積み

自然の河岸は、洪水の力により岩盤の下側がえぐられて、魚が隠れる事の出来る岩陰が有ります。これを魚道の側岸に再現するため、崩れ積みの一種である土佐積みを採用しました。この積み方は、石材がオーバーハングしたようになり、岩陰を表現できる高知県独特のものであるため、高知県から石工職人さんを現場に招き、実現しました。

職人の技術は、その人の身体感覚を通して発揮されるため、その感覚を磨くために長年の修行が必要です。自分の体という自然と向き合い、技術を追求する事により、自然への尊敬の念や高い精神性が養われます。

竹原川_施工

 

侵食・堆積作用を活用した生息場所・産卵場の造成

床固工と下流の河床との落差を解消するため、2基の帯工を施工しました。この帯工の形状は、下向きのアーチ形状として水を集めて帯工の下流側を洗掘させて淵を創出するとともに、その下流に土砂を堆積させて、竹原川に生息するカジカ・アカザ等の礫間に生息する魚類の生息空間とする事を目指しました。

また、帯工を構築する際に、コンクリートを用いていないため、堆積した土砂から帯工下流の淵に向かって浸透流が発生すると思われ、この部分に水質浄化の機能や産卵場としての機能が期待できます。

竹原川_浸食・堆積

浸食・堆積イメージ

 

魚類調査&底生動物調査

A地区_調査風景、現場状況-(6)

竹原川_調査

設計を行う前に、文献調査や現地調査を行い、魚類の生息状況を確認しました。その結果、魚道を設置する事により移動阻害を解消するだけではなく、アマゴのための深い淵、カジカのための大きな礫の有る環境、アカザ、アジメドジョウ等のための、侵食・堆積によるふわっとした礫の環境、川岸の岩陰の環境、ステップ&プールの瀬と淵等が不足している事が分かりました。そのため、前述のとおり、これらの環境を創出する計画としました。

市木川魚道

市木川魚道_上流側

都市河川における住民との協働

かつて水車が回り、洗濯、水浴に大切に使われていた市木川は、昭和47年の災害により改修され、今の姿になりました。急速な都市化による水質悪化を下水・浄化施設で改善した上で、街のシンボルである市木川を子や孫に「ふるさと」として残したいという思いから市木川美化ボランティアの会が設立されました。愛知県では、この会の意見を取り入れ、既設落差工の上に石組みの魚道を設置しました。

市木川魚道_下流側

 

河岸の岩陰を表現する土佐積み

市木川_土佐積み自然の河岸は、洪水の力により岩盤の下側がえぐられて、所々に空隙の有る岩陰が出来ます。これを魚道の側岸に再現するため、崩れ積みの一種である土佐積みを採用しました。この積み方は、石材がオーバーハングしたようになる高知県独特の構築様式であるため、高知県から石工職人さんを現場に招き、実現することができました。

 

魚道下流の河床の侵食・堆積作用による蛇行および産卵場の創出

市木川_蛇行の様子

市木川魚道カワヨシノボリ本魚道を設計する際、魚道下流の淵の部分で洗掘された土砂を、魚道より下流の左岸側に堆積させる事により砂州を形成し、低水路を蛇行させ・瀬と淵をつくることを目指しました。侵食される位置および土砂がたまる位置が予想と異なりましたが、蛇行は発生していますので、今後の経過が期待できます。また、蛇行で生じた瀬の部分にカワヨシノボリの産卵場が新たに生じました。

 

アユの遡上調査と魚類の生息状況調査

市木川_調査_上流プール魚道の効果を調べるため、最上流部のプールの上流側に定置網を設置し、上ってくる魚類を捕まえました。その結果、魚道の対象魚であるアユは確認できなかったものの、オイカワやカワムツの幼魚やカワヨシノボリ等の底生魚や回遊性の水生生物であるモクズガニが実際に魚道を上っている事が分かりました。また、潜水観察により、魚道内にオイカワ、カワムツ等が生息している事を確認しました。

市木川_調査の様子

 

生態学的な維持管理手法の提案

市木川_維持管理手法の提案市木川の魚道では、魚道本体で瀬と淵、岩陰等を直接形成するとともに、侵食・堆積作用を活用して、その周辺に生物の生育・生息空間を創出することを目指しています。当社では、河川の美化活動を行うボランティア団体に対して、生態学的な内容に配慮した維持管理計画(案)を提供し、継続的にモニタリングを行う予定です。

 

阿妻川魚道

阿妻川魚道

侵食・堆積作用を利用した生息空間・産卵場の造成

阿妻川では、帯工下流の護床ブロックが流され、1m程度の落差が生じていました。既存の施設である帯工を壊さずに、この落差を少なくして魚がのぼれるようにするため、1段当たりの落差が30cm程度の石組みの帯工を3基追加しました。

阿妻川_ステップ&プール

この帯工の形状を下向きのアーチ形状として水を集めてその下流側を洗掘させて淵を創出するとともに、その下流に土砂をやわらかく堆積させて、カワヨシノボリ等の礫間に棲む魚類の生息空間とする事を目指しました。

また、帯工を構築する際に、コンクリートを用いていないため、堆積した土砂から帯工下流の淵に向かって浸透流が発生すると思われ、この部分に水質浄化の機能や産卵場としての機能が期待できます。

 

コンクリートを使わない構造物の安定性の確保

阿妻川の魚道を形成する帯工は、力石を支点としたアーチ形状をもつ石積み構造としました。力石の大きさは、流体力を考慮し、長手方向に1.8m程度も有る巨石を用いました。

阿妻川_石工職人

この石材を、流水に対して抵抗にならないように上流側に頭を下げて設置しました。石積み構造は、崩れ積みの一種である土佐積み形式とし、石材同士のかみ合わせを重視して設置し、コンクリーを使わない構造物の安定性を検討しました。洪水時の乱流に対しては、補助的にアンカーとワイヤーと用いて対処しました。これらについて、石工職人による施工指導を実施しました。

 

 

日光大谷川護岸

日光大谷川護岸

流水の侵食・堆積作用に応じた護岸のデザイン

栃木県日光市を流れる大谷川では、土砂を含んだ洪水の氾濫を防ぐため、連続した床固工を持つ渓流保全工を整備することにより、効果を上げて来ました。一方、土砂を含んだ洪水により河道内に土砂が異常堆積した場合は、再び氾濫の危険性が有るため、低水護岸を設置し、その整流効果により異常堆積を防ぐ計画がされました。

護岸のデザインに当たっては、洪水時の水衝部と水裏部の位置を予測し、水衝部側は河岸が流水によりえぐられたような形状を採用し、水裏部側では、外にはらんだような堆積形状を表現しました。

大谷川_護岸

 

地域の歴史的構造物に用いられた伝統工法の適用

谷積み

谷積み図世界遺産である二社一寺の近くを流れる大谷川では、「釜ヶ沢砂防堰堤」をはじめ、11の施設が国の登録有形文化財に指定されました。これらの施設を構築するために用いられている石済みの技術が「谷積み」です。谷積みは、河川で用いられる伝統的な石積みの技術であり、日光の伝統工法であると考えられるため、これを護岸に適用しました。

 

籠川多自然魚道

籠川

既設落差工を活かした石組みの魚道

愛知県豊田市を流れる籠川では、既設の落差工により、治水・利水の効果は上がっていましたが、落差が1.4m程度もあるため、魚の移動が難しくなっていました。そこで、既設の落差工の構造物はそのままに、その上に石を組んで落差を(1段当たり30cm以下に)分割する事により、魚が移動できるようにしました。

 魚道は、落差を分割する部分(魚道の本体)で瀬の機能、最下流部に水を集めて淵の機能を持たせる構造とし、移動出来るだけでなく、そこに生息環境をつくる事を目指しました。籠川_特徴

籠川_特徴2

 

侵食・堆積作用による水際・下流河床の環境の創出

川が緩やかに左にカーブしているため、洪水時に水が当たる右岸側の河岸には根固工を施工し、直接的に急勾配の水際をつくりました。逆に、洪水時に緩流域となって土砂がたまる左岸側は、緩傾斜の水際が形成されました。同じく、洪水の水の力により最下流部の淵で洗掘された土砂がその下流にふわっと堆積する事により、カワヨシノボリ等の礫間を利用する魚類の生息環境が創出されました。

籠川_水際・下流河床の環境の創出

 

魚道の形状による土砂排出機能

本魚道では、魚道内部を滑らかな形状とした事により、洪水時には、その水の力によってそのプールに溜まった土砂が巻き上げられて、流下していく様子が見られます。施工後約10年が経過しているにもかかわらず、これまでに土砂で閉塞して機能不全に陥ったことはありません。

籠川_土砂排出機能

 

遡上調査&魚類の生息状況調査

魚道の効果を調べるため、各プール列の上流側に定置網を設置しました。その結果、対象魚のアユをはじめ、オイカワやカワムツの幼魚やカワヨシノボリ等の底生魚が実際に魚道を上っている事が分かりました。また、潜水観察により、魚道内にアユ、オイカワ等が生息している事を確認しました。

籠川_遡上調査&魚類の生息状況調査

オイカワ カワムツ タモロコ カマツカ
アユ カワヨシノボリ モクズガニ

魚介類調査協力:有限会社 河川生物研究所

所 在 地

愛知県豊田市四郷町

発 注 機 関

愛知県豊田加茂建設事務所

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 地域防災計画_01_01
  2. 竹原川魚道
  3. 市木川魚道_上流側
  4. 阿妻川魚道
ページ上部へ戻る