事業・技術紹介

椎谷岬トンネル

pic_pj10_shiiya1

新潟県中越沖地震の災害復旧

2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震により、一般国道352号の新潟県柏崎市椎谷地区において斜面の大規模崩壊が発生し、道路が通行不能になりました。この為、当社において、迂回路となる『椎谷岬トンネル』の詳細設計を行いました。


中越沖地震の概要

発生日時 2007年7月16日
午前10時13分頃
震源地 新潟県上中越沖(新潟市の南西60km付近の深さ約17km)
地震規模 マグニチュード6.8
震度 〈震度6強〉長岡市・柏崎市・刈羽村・長野県飯綱町〈震度6弱〉上越市・小千谷市・出雲崎町
人的被害 死者15名、重軽傷者2,316名
住家被害 全壊1,324棟、大規模半壊857棟半壊4,821棟、一部損壊35,228棟
※2008年5月7日15:00現在

 


「災害復旧事業」は、住民の皆さんが一日も早く安全・安心な生活を取り戻せるよう、緊急の対応が要求されます。『椎谷岬トンネル』の詳細設計では、発注者である新潟県柏崎地域振興局はもちろん、地質調査会社、施工会社とも連携を密に図りながら、迅速な設計を進めてまいりました。また、本トンネルは、技術的にも、地形・地質、周辺環境等において多くの課題を抱えており、これらを解決しながら安全かつ合理的な施工法・対策工を提案しました。

  1. 起点側坑口部:トンネルが既設擁壁の直下を通過する。 トンネル完成後、トンネル上部に付け替え道路を設置する。
  2. 終点側坑口部:雪崩対策・土砂崩壊を考慮した構造が必要である。偏土圧地形であり、崖錐堆積物が存在する。トンネル底盤部が強風化のため改善が必要である。
  3. 周辺環境:民家が近く、騒音・振動対策が重要である。仮設ヤードの確保が難しく、狭所での仮設備計画が必要。

トンネル工事状況

新潟側坑口

新潟側坑口

柏崎側坑口

柏崎側坑口

完成後

新潟側坑口

新潟側坑口

柏崎側坑口

柏崎側坑口

所在地

新潟県柏崎市

発注機関

新潟県柏崎地域振興局

関連記事