都市施設

Urban Facility Design

複雑な施工条件や多様化するニーズに適応した総合的な技術サービスを提供します。

構造物設計・更新計画
都市空間において、複雑な施工条件や多様化するニーズに適応した「構造物」や周辺環境に配慮した「調整池」等に関する総合的な技術サービスを提供し、これら構造物の企画、調査、設計、積算支援等を行っています。

urbanfacilitydesign_classification1_3

アンダーパス

鉄道横断や道路交差に対応するアンダーパスに関する設計を実施

urbanfacilitydesign_classification1_4

高速道路

高速道路における掘割構造物の設計

urbanfacilitydesign_classification1_5

地下駐車場

地下空間の有効利用を図る地下駐車場の設計

urbanfacilitydesign_classification1_6

調整池

希少動物であるオオタカの生息地に配慮したビオトープ調整池を計画し、詳細設計を実施

urbanfacilitydesign_classification1_7

アンダーパスポンプ室

公園内に設置されるため、景観に配慮した建築意匠計画を実施。排水ポンプは、流入量、経済性、維持管理性を踏まえて決定

urbanfacilitydesign_classification1_8

函渠更新設計

長寿命化計画、地震対策の一環として、公共下水道雨水函渠の更新計画を実施。非開削で施工可能な更生工法を採用

urbanfacilitydesign_classification1_1

東京外環自動車道
(千葉外環)

掘割構造

urbanfacilitydesign_classification1_2

首都圏中央連絡自動車道
(埼玉圏央道)

函渠構造

urbanfacilitydesign_classification1_3

名古屋環状2号線

掘割構造

urbanfacilitydesign_classification2_1

首都高速新宿線

シールドトンネル

urbanfacilitydesign_classification2_2

間々田アンダー
(鉄道横断)

非開削/函渠・擁壁

urbanfacilitydesign_classification2_3

しみず下トンネル
(道路横断)

開削/函渠・擁壁

ライフライン・下水道
下水道は、健全な水循環の維持や公衆衛生に寄与する重要な施設です。また、電線共同溝(C.C.BOX)は、無電柱化対策施設であり、ゆとりと潤いのある景観を創出しています。これらライフラインの企画、調査、設計、積算支援等を行っています。

urbanfacilitydesign_classification4_4

下水道管きょ開削工法、
推進工法(汚水、雨水)

公共下水道(汚水・雨水)整備について、施工性、経済性、維持管理性など総合的に優れる管きょ布設工法を検討

urbanfacilitydesign_classification4_5

下水道管きょシールド工法
(汚水、雨水)

下水処理場へ流入する大規模管きょ等について、ルート検討や工法検討を実施し、シールド工法(土圧式)を採用

urbanfacilitydesign_classification4_6

汚水中継ポンプ場

設置地域から、周辺環境、景観に配慮した意匠計画、外構計画を実施

urbanfacilitydesign_classification4_7

雨水ポンプ場

都市開発により流出量増となった地域の内水排除対策として雨水ポンプ場を計画。総排水量等から、ガスタービン式発電機を採用

urbanfacilitydesign_classification4_8

下水処理場高度処理化

水質改善を目的として凝集剤添加ステップ流入式多段硝化脱窒法を採用。土木施設改造、機械設備、電気設備設計を実施

urbanfacilitydesign_classification3_1

墨田区電線共同溝
(無電線化事業)

スカイツリー周辺の地域整備の一環として無電柱化を目的とした電線共同溝(C.C.BOX)を計画

urbanfacilitydesign_classification4_1

五十鈴川ポンプ場

上屋、土木躯体

 

urbanfacilitydesign_classification4_2

五十鈴川ポンプ場

機械電気設備

urbanfacilitydesign_classification4_3

下水高度処理施設

urbanfacilitydesign_classification4_4

浸水対策整備計画

耐震設計・災害復旧
近年、異常気象や都市化の影響によるゲリラ豪雨や大型台風などが多発しており、浸水被害など公共施設の被災も増加傾向となっています。被災した公共施設の災害復旧計画や大地震に備えた耐震化検討、施設の長寿命化計画などを行っており、都市施設の安全対策に取り組んでいます。

urbanfacilitydesign_classification5_1

排水機場災害復旧計画
および増設設計

H27関東・東北豪雨により被災した排水機場の仮復旧、本復旧などの災害復旧計画、設計を実施

urbanfacilitydesign_classification5_2

アンダーパス電気室
地上化計画

ゲリラ豪雨により水没し、早急な復旧が求められていたアンダーパス電気設備の地上化対策を実施

urbanfacilitydesign_classification5_3

アンダーパス電気室
災害復旧計画

H27関東・東北豪雨により被災し水没したアンダーパス電気設備の災害復旧計画、設計を実施

urbanfacilitydesign_classification5_4

圧送管きょ耐震設計

地震対策事業の一環として、流域下水道汚水中継ポンプ場からの圧送管きょ2条化および耐震化、高速道路横断部の補強対策について検討を実施

urbanfacilitydesign_classification5_5

下水処理場耐震設計

地震対策事業の一環として、流域下水道下水処理場の最初沈殿池、反応槽、最終沈殿池、砂ろ過棟の耐震診断、耐震補強対策を実施