事業・技術紹介

道路橋の長寿命化修繕計画策定の支援サービス

道の知恵袋2014.8.22

橋梁の基本情報・点検結果の管理や維持管理計画を行なうためのサービスです。各種データをクラウド(インターネット・データセンター)上に一括して格納することにより、低コストかつ安全なサービスです。

道の知恵袋

システムの特徴

  • インターネットに接続できる環境であれば、どこでもすぐに利用可能
  • データサービスを活用するための各種サブシステム(スタンドアロン)はインターネットデータセンターのサーバーからダウンロードして利用可能
  • データはCSV形式やMDB形式で抽出することができ、汎用ソフトで自由にデータを利用可能。
  • インターネットに接続できる環境さえあれば、どこでもすぐにご利用可能(USBキーによる自動認証を採用)
  • 「点検」から「維持管理計画立案」まで一連のシステムを提供
  • 点検調書システム:橋梁点検の実務で培ったノウハウを生かし、様々な視点から橋梁点検の効率化を図ったシステムで、点検作業の品質向上と作業効率化が可能
  • 中長期投資計画用システム(オプション):年間の予算金額や劣化モデル等の様々な条件を指定して、管理橋梁に対する投資額と管理水準の推移のシミュレーションが可能
  • オープンソースGIS機能(オプション):GISエンジンは、オープンソースのMapserverを用いているので、ソフトウェアに高額なライセンス費用や、保守費用が不要

こんなニーズにお応えします

  • 初期導入費を安くしたい。
  • 点検調書作成の負担を減らしたい。
  • サーバーの運用・管理の負担を減らしたい。
  • データ消失のリスクを減らしたい。
  • 長期の維持管理計画を作成、見直しをしたい。

関連記事