資本政策の基本的方針

当社は、次に掲げる3項目についてバランスを取りながら推進し、継続的な企業価値の向上を目指してまいります。

「財務健全性の確保」

経営基盤を強化するため、自己資本の充実に努めます。
当面のターゲットとして、自己資本比率50%以上を目指します。

「持続的成長に向けた戦略的投資」

内部留保資金は、将来の成長に繋がる分野への積極的な研究開発投資、新規事業展開のための設備投資やM&Aによる事業拡大などに活用し、資本の効率向上に努めます。
当面のターゲットとして、自己資本利益率(ROE)6~8%以上を安定的に達成できる企業体質を目指します。

「株主還元の充実」

株主の皆様に対する安定的な配当の継続に努めます。
配当性向20%以上を当面のターゲットとします。また、必要に応じて自社株取得を検討します。