ニュースリリース

2015年2月12日

ベトナム首都ハノイ市中心部の紅河にかかるニャッタン橋(日越友好橋)完成


ニャッタン橋開通式

ベトナムの首都ハノイ市中心部の紅河にかかるニャッタン橋の完成式典が2015 年1月4 日に行われました。 グエン・シン・フン国会議長、ホァン・チュン・ハイ副首相、ディン・ラ・タン運輸大臣らベトナム側出席者と、日本からは太田昭宏国土交通大臣、深田博史駐ベトナム日本国特命全権大使、徳山国土交通技監らが出席し、盛大な式典となりました。

ニャッタン橋_遠景

 

ベトナム国ハノイ市中心部からノイバイ国際空港を繋ぐ環状2号線の一部に架けられたニャッタン橋は、物流の効率化、交通渋滞緩和を目的に日本のODA(STEP条件)で建設された東南アジア最大級の橋梁です。

本橋がまたぐ紅河にある中洲の経年的変化を考慮し、主橋梁部には世界的にも珍しい5本の主塔を有する6径間連続合成2主I桁斜張橋(橋長:1,500m、中央径間長:300m)を選定しました。

上部工は鋼製2主I桁とプレキャストRC床版との合成桁構造とし、主ケーブルは被覆平行線ストランドを採用しています。主塔はA型の鉄筋コンクリート製とし、塔頂に鋼製ケーブルアンカーボックスを設置しました。基礎工である鋼管矢板井筒基礎は、日本発の技術としてベトナム国で初めて採用されました。

当社は、株式会社 長大との共同企業体で本プロジェクトに参画し、主橋梁部の詳細設計および施工監理を実施しました。

ニャッタン橋

ニャッタン橋_橋面

 

2015年 過去の記事

1月12日
1/12付 建設工業新聞に当社社長のインタビュー記事が掲載されました
1月6日
1/6付 建設通信新聞に当社社長のインタビュー記事が掲載されました
12月16日
12/14付 建設工業新聞に当社の記事が掲載されました