ニュースリリース

2011年5月26日

平成22年度土木学会関西支部技術賞を受賞


当社大阪支社は「耐震性能グレードを考慮したハーバーハイウェイ長大橋部の耐震補強事業」にて、平成22年度土木学会関西支部技術賞を受賞しました。
当賞の表彰対象は、土木技術者としての使命感と情熱にあふれたユニークな技術開発や事業実績、数々の困難を乗り越えた技術・業績、個人の独創的発想による計画立案や事業業績などで、土木の技術として総合的に優れた技術に与えられるものです。

平成22年度土木学会関西支部技術賞一覧

土木学会関西支部技術賞
耐震性能グレードを考慮したハーバーハイウェイ長大橋部の耐震補強事業

受 賞 者     :   神戸市みなと総局
                     大日本コンサルタント株式会社大阪支社
                     株式会社建設技術研究所大阪本社
                     ショーボンド建設株式会社近畿圏支社

神戸港港湾幹線道路ハーバーハイウェイの長大橋6橋(内当社担当は3橋)の耐震補強事業計画の立案に当たり、構造性、施工性、経済性、維持管理において合理的な耐震対策を行うため、各長大橋の機能と役割に基づき、個別に耐震性能グレード(要求性能)を設定した耐震補強設計を実施しました。
対象橋梁のうち5橋は兵庫県南部地震を経験しており、その際のデータ(地盤、損傷、復旧実績等)を限界状態の設定や復旧の優先順位付けに有効活用し、損傷許容箇所と補強箇所の絞り込み等、メリハリをつけた性能設計として具体化したものです。
本業績は、長大橋の耐震補強事業計画において、橋梁の目的別に重要度を分けた性能設計を新たに採用したこと、長期間の交通規制を伴わない施工期間の短縮(工期:約1年)や経済性等の観点から地域への貢献度が高いことなどが評価されました。

 

耐震補強工事が完成した神戸大橋(左)と灘浜大橋(右)

2011年 過去の記事

4月13日
4/13付 建設工業新聞に当社記事が掲載されました
3月30日
Mino Best Project Awardを受賞いたしました
3月30日
気仙沼大島大橋アーチ部架設完了