事業紹介一覧

復 興 防 災 推 進 部

地震津波防災|復興防災計画

復 興 防 災 推 進 部

地震・津波に対する公共施設の安全性確保について、複数の大学、国土交通省の研究機関等と共同で調査研究を実施し、被災地の復旧・復興、さらには防災・減災街づくりに携わっています。被災者の方が一日でも早く従前の生活に戻られることを願いながら、私たちはそのお手伝いをしています。

日常を取り戻すために

当社は、地震発生後直ちに多くの技術者を東日本地域に緊急派遣し、公共施設の安全点検を実施するとともに、災害査定調査、公共施設の復旧設計業務などに従事しました。また、津波に対する公共施設の安全性確保について、複数の大学、国土交通省の研究機関、業務提携先の株式会社耐震解析研究所と共同で調査研究を実施しています。さらには、津波により被災した市街地の新たなまちづくりとして、防災集団移転促進事業や漁業集落防災機能強化事業等にも携わっており、特に岩手県宮古市田老地区では、施工業務(鹿島建設)と一体となった復興事業の一端として、高台移転工事のための測量、調査、設計のマネジメント(CMR)を行っています。復興には歳月を要しますが、被災者の方が一日でも早く従前の生活に戻られることを願いながら、私たちはそのお手伝いをしています。

防災・減災まちづくり

「地震雷火事親父」・・・。「親父」は台風を意味する「大山嵐(おおやまじ)」が変化したという俗説があるくらい、昔から自然災害は怖いものであり、東日本大震災での地震・津波等による激甚災害、また昨今の超大型台風・ゲリラ豪雨、それらに起因する土砂災害や河川氾濫等、さまざまな災害が日本各地で発生しております。

国のリスクマネジメントとして国土強靱化(ナショナル・レジリエンス)、防災・減災の取組みが本格化し、また、県・市町村や地域住民等による防災・減災まちづくりがますます重要になっています。

当社は、地震、津波・高潮、洪水、土砂災害等から地域を護る地域防災計画、津波避難計画/津波避難施設計画、各種ハザードマップの作成・見直しや防災拠点等に係る設計などのお手伝いをしています。

地震津波ハード対策

スマトラ沖地震津波(2004)や東北地方太平洋沖地震津波(2011)の教訓から、その後の詳細な現地調査や被害分析を通して、今後予想される南海トラフ巨大地震津波等に対する構造物(ハード)対策を行っています。

具体的には、最新の解析技術を駆使し、①道路橋の安全性照査(地震動・津波・漂流船舶の衝突)、②橋梁構造物、盛土構造物等の液状化、流動化評価対策検討、③橋梁に対する津波設計法、対策方法の構築、④海岸施設等の設計津波水位の設定及び対策検討等、研究開発や実業務を通して精力的に活動を行っています。


事業・技術紹介

  • 3 東日本大震災 復旧・復興支援への取り組み - 当社は、地震発生後直ちに多くの技術者を東日本地域に緊急派遣し、公共施設の安全点検を実施するとともに、本社に震災復興支援室、東北支社に震災対策室を設け、復旧・復興に必要な様々な技術の開発、災害査定調査、公共インフラの復旧設 […]
  • 避難タワー 津波避難タワー -   道路空間(道路の上空)を利用した津波避難タワー 津波避難タワーは、津波被害が想定される地域で、地震の発生から津波到達までの時間及び地理的条件等の理由から、安全な高台等への避難が困難な周辺住民が、一時的な避難 […]
  • トータルシミュレーション 津波避難対策 - 津波から命を守る 地震動・津波・構造物のトータルシミュレーションを活用したソフト的な対策と、津波避難タワーの設置というハード的な対策の両面から、津波避難対策をご提案します。 トータルシミュレーションとは 東北地方太平洋沖 […]