事業紹介一覧

防 災 事 業

河川|砂防|地盤防災|空中探査|山岳トンネル|港湾

防 災 事 業

生命を育む大きな力は「自然」にあります。しかし、我々人類は、「自然」の猛威に翻弄されてきました。自然災害から人命と財産を守り、安全な生活環境を創出する。恵みを与える「自然」を守り、自然と人間との共生を模索する。私たちは、安らぎと安心のある生活空間の創造を目指します。

我が国は、その地理的、地形的特性から幾度となく自然災害により大きな被害を受けてきました。そしてその被害を防止あるいは最小にするために、自然災害に対応する技術を蓄積し、発展させてきました。

私たちは、それらの技術を活用し、地域住民の生命・財産を守り、将来にわたって豊かで安らぎと安心のある生活空間を創造する技術サービスを提供します。


複数の技術分野の融合による総合的な視点での対応

防災事業分野では、河川、砂防、港湾、地盤、トンネルの各分野を融合させ総合的な視点での業務対応を目指しています。そのため、今後ますます増加する複合的・総合的な社会資本整備に対応できるマルチスキルを有する技術者を育成しています。

河川

 河川計画

河川整備計画、内水排除計画、治水経済調査、浸水想定、洪水ハザードマップ作成等

 施設設計

堤防、護岸、水門、樋門、堰、調整池、排水機場、耐震照査・設計等

 維持管理

健全度調査、長寿命化計画、補修・補強設計等

 河川環境

多自然川づくり、多自然魚道、遡上調査、景観検討等
砂防

 砂防調査

土砂災害防止法に関する基礎調査、生産土砂量調査、災害ポテンシャル調査等

 砂防計画

水系砂防計画、土石流・流木対策計画、総合土砂管理、大規模土砂災害対策、火山砂防計画、砂防事業評価、警戒避難基準雨量

 施設設計

砂防堰堤、床固工・渓流保全工、土石流・流木対策工、急傾斜地対策、沈砂池等

 維持管理

施設点検、健全度評価、補修・補強設計、長寿命化計画等

 砂防環境

魚道調査・計画・設計、渓流環境等
地盤防災

 調査・点検

微地形調査、斜面調査、地すべり調査、構造物基礎調査、水文調査、道路防災点検、空中物理探査等

 施設設計

地盤解析、浸透流解析、落石シミュレーション、斜面崩壊対策、軟弱地盤対策、地下水対策等
トンネル

 調査・計画

施工条件調査、施工条件調査、ルート・構造・工法検討、騒音調査等

 施設設計

トンネル設計、照明設備設計、非常用設備設計、換気設備設計、受変電設備設計等

 維持管理

トンネル点検、補修・補強設計、長寿命化計画
地盤防災

 調査・計画

沖波算定、漂砂解析、静穏度解析、海浜変形、港湾計画、漁港計画、水質・環境調査等

 施設設計

防波堤、防砂堤、防潮堤、導流堤、水門、閘門、護岸、堤防、突堤及び胸壁、水域施設、係留施設、臨港交通施設、耐震照査・設計等

 維持管理

維持管理計画、維持修繕計画、補修・補強設計等

事業・技術紹介へ


河川

  1. 平面二次元流況解析

    ・FEM,FDMによる流れ解析
    ・平面流速分布
    ・河床変動計算
    ・橋脚の影響検討

  1. 模型を使った川づくり

    ・多自然川づくり
    ・住民参加、合意形成
     
     

  1. 堤防の盛土影響検討

    ・地盤変形解析
    ・対策工検討

  1. 堤防の耐震対策

    ・地震時地盤変形解析

  1. 砂防

    土砂災害警戒区域及び特別警戒区域指定等の調査

     

  1. 二次元土砂氾濫解析

    ・河畔林の活用
    ・事業効果把握

  1. デジタルカメラを用いた3次元地形計測

  1. 魚道

  1. 歴史的砂防施設保全(白岩砂防堰堤)

  1. 渓流保全工

地盤防災

  1. 地質調査

    ・地質断面図作成
    ・設計定数設定
    ・地質的課題抽出

  1. 水文調査

     
     
     

  1. 地すべり調査

    ・地すべり形状
    ・変位量

  1. 地すべり対策工


     

  1. 地下水解析・設計

  1. 防災点検

    ・岩塊形状把握
    ・支持層確認
     
     

  1. 待受け式擁壁

  1. 落石防護柵工

  1. 補強土擁壁

  1. 吹付枠工+鉄筋挿入工

  1. 空中物理探査 路線選定

  1. 空中物理探査 トンネル

  1. 空中物理探査 地すべり

  1. 歴史的建造物調査

    ・測量(形状把握)

山岳トンネル

  1. 3次元騒音シミュレーション

    ・施工時の騒音予測
    ・対策工選定
    ・対策後の騒音予測

  1. トンネル設計

     

  1. トンネル補修設計

  1. トンネル点検

  1. 背面空洞調査

  1. 港湾施設維持管理

    港湾施設は、施設量の増加とともに老朽化が進行し、改良・更新コストの増大が見込まれています。これら費用を抑制・平準化しつつ、長期間にわたって有効に活用していくことが喫緊の課題であり、「予防保全的な維持管理」と「事後保全的な維持管理」を適切に使い分け、効率的で有効な維持補修計画が求められています。弊社は、施設の老朽化調査(陸上・水上・潜水)、ライフサイクルコストを考慮した維持管理計画書の作成、補修設計、施工計画等あらゆるフェーズにおいて参画しています。

  1. 津波対策検討

    東日本大震災では、我が国の津波災害史上最大級の被害をもたらしました。ハード面における津波対策として、これまで海岸堤防・護岸の整備が進められていますが、想定津波高が未設定又は調査未実施の箇所も多く残っています。弊社では、海岸における巨大地震に備え津波対策として必要となる海岸保全施設の計画・設計等にも積極的に取り組んでいます。津波シミュレーションによる水位の算定、海岸堤防高の設定、整備量の把握、整備の優先度評価等、常に新しいニーズに応える技術力とノウハウを有しております。

 

事業・技術紹介

  • pic_pj10_shiiya1 椎谷岬トンネル - 新潟県中越沖地震の災害復旧 2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震により、一般国道352号の新潟県柏崎市椎谷地区において斜面の大規模崩壊が発生し、道路が通行不能になりました。この為、当社において、迂回路となる『椎 […]
  • IMG_9412-s 空中電磁法による地質調査 - 3次元比抵抗調査 空中電磁法は、地下の比抵抗分布を3次元的に測定・解釈することによって地下の地質状況を判定するものであり、広範な地域やアクセスが困難な山岳地域などにおける地質調査、地すべり調査、各種路線計画などに有効な調 […]
  • pic_ph01 斜め写真による詳細図化解析 -   主にヘリコプターを利用した斜め空中写真図化と調査設計への高度化解析適用技術   ヘリコプターを利用した斜め写真図化技術 従来、急峻で危険な岩盤斜面などの詳細測量は、ロッククライミングなどの作業を併 […]