事業・技術紹介

東日本大震災 復旧・復興支援への取り組み

3

当社は、地震発生後直ちに多くの技術者を東日本地域に緊急派遣し、公共施設の安全点検を実施するとともに、本社に震災復興支援室、東北支社に震災対策室を設け、復旧・復興に必要な様々な技術の開発、災害査定調査、公共インフラの復旧設計業務などの業務を受託しました。さらに、津波により被災した市街地の復興関連業務を国土交通省都市・地域整備局に技術提案(福島県相馬市、福島県浪江町・双葉町他、宮城県女川町)し、新たな減災街づくり事業にも関与しています。一方で、津波に対する公共施設の安全性確保についても、複数の大学、国土交通省の研究機関、業務提携先の株式会社耐震解析研究所と共同で調査研究を実施しています。

復興には歳月を要しますが、リーディングプロジェクトである復興道路の建設、多重防御型の減災街づくり事業の始動に併せ、今後、当社は東北支社の組織体制を重点的に強化し、様々な分野の復興事業に挑戦的に参画したいと考えています。

 

被災地における当社の緊急点検業務の模様

国道45号二十一浜橋

国道45号二十一浜橋

国道45号歌津大橋

国道45号歌津大橋

市街地の高台移転検討例

市街地の高台移転検討例

市街地の高台移転検討例 津波シミュレーション検討例

市街地の高台移転検討例
津波シミュレーション検討例

 

link[震災からの新生]点検技術生かし民間分野進出(2011年6月8日 建設通信新聞)

当社は、国土交通省東北地方整備局が進めている「がんばろう!東北」活動に賛同しています。

 

関連記事