事業・技術紹介

津波避難対策

トータルシミュレーション

津波から命を守る

地震動・津波・構造物のトータルシミュレーションを活用したソフト的な対策と、津波避難タワーの設置というハード的な対策の両面から、津波避難対策をご提案します。

トータルシミュレーションとは

東北地方太平洋沖地震では、3つの震源域が連動して強震動が発生したことに加え、広範囲の断層破壊から地盤沈下が生じ、浸水範囲に影響を及ぼしました。

 

 従来の津波シミュレーションでは津波高および浸水範囲の算定のみでしたが、当社のトータルシミュレーションでは構造物への津波作用力、それによる応答まで算定して、構造物の被害を想定します。総合コンサルタントとしてのこれまでの実績やノウハウを活かし、ハード・ソフト対策の最適連携を図り、地域の実情にあった津波防災対策を提案いたします。

地震動生成

プレート2_03

震源となる断層をモデル化し、地震波の発生、伝播及び増幅特性を理論的に計算します。

複数の震源域による連動型地震の発生もシミュレーションが可能です。

津波による浸水域の推定に大きく影響する地盤沈下領域も評価します。

津波解析

出力イメージ/河口付近の浸水範囲推定結果

出力イメージと河口付近の浸水範囲推定結果

地震動生成解析より得られた断層破壊の動特性をもとに、津波の初期水位を設定します。

非線形長波理論により沿岸部や河川内の津波高、流速、浸水範囲を解析します。

地形データから粗度係数を設定し、堤防の越波過程や河川内の遡上を詳細にシミュレートします。

避難計画

ソフト対策

冠水深さに応じた通行規制計画図と津波ハザードマップ

冠水深さに応じた通行規制計画図と
津波ハザードマップ

津波シミュレーション結果をもとに、施設や避難所の安全性評価を行うとともに、防災意識を啓発するためのハザードマップを作成します。

地震波、津波に対する構造物の安全性評価を踏まえて、避難路等を計画します。

 

ハード対策

避難タワー

津波避難タワー

津波避難ビルに適した建造物が少ない地域に

避難時間の確保が難しい場合に

津波避難ビル

学校や公営住宅など公共建築物の選定
(名古屋市では、耐震基準を満たした鉄筋コンクリート4階以上)

商業施設やオフィスビルなど民間企業を対象に公募

 

関連記事