大日本コンサルタント株式会社

九州支社

執行役員 九州支社長 井上 博之

好きな言葉『一期一会』。
『道守九州会議』賛助会員、コンサルティングエンジニア連盟会員、(一社)リペア会九州支部長。
1974年に佐世保重工業鉄鋼部橋梁設計課に就職。誕生日は8月4日で橋の日です。何か運命的なものを感じます。その後長崎県佐世保市の建設コンサルタントを経て、1984年に大日本コンサルタント(株)に入社。ここから営業系に転向し、九州管内の営業所設立に挑戦。鹿児島、宮崎、熊本と拡大の後、営業部長として大阪支社に異動。執行役員西日本営業統括を経て2015年に九州支社長に就任し現在に至る。とにかく土木構造物、特に橋梁が好きで、日本のインフラを守るのが使命と考えています。

九州支社

執行役員 九州支社長 井上 博之

好きな言葉『一期一会』。
『道守九州会議』賛助会員、コンサルティングエンジニア連盟会員、(一社)リペア会九州支部長。
1974年に佐世保重工業鉄鋼部橋梁設計課に就職。誕生日は8月4日で橋の日です。何か運命的なものを感じます。その後長崎県佐世保市の建設コンサルタントを経て、1984年に大日本コンサルタント(株)に入社。ここから営業系に転向し、九州管内の営業所設立に挑戦。鹿児島、宮崎、熊本と拡大の後、営業部長として大阪支社に異動。執行役員西日本営業統括を経て2015年に九州支社長に就任し現在に至る。とにかく土木構造物、特に橋梁が好きで、日本のインフラを守るのが使命と考えています。

美しい日本の大切なインフラを創造し守ります。

九州支社は、社員37人と補員派遣17人の総員54人が在籍し、博多駅から徒歩6分程度の国土交通省九州地方整備局の隣のビル8階に事務所を構えています。技術部は構造保全計画室、地域交通計画室を中心に、九州と沖縄管内、国土交通省及び沖縄総合事務局、各管内自治体を顧客として、地域づくり、インフラ(特に橋梁関係)の保全補強、新設に関する設計業務を主業務としています。他に品質確保の技術管理室、入札契約行為を行う営業企画部、総務一般の業務部があり、沖縄事務所には技術系の社員を配置しています。営業所は、長崎、熊本、宮崎、鹿児島にあり、地元密着営業を展開しています。支社としてはまだまだ発展途上にあり、これからも積極的に拡大展開を考えています。

特に本年は熊本地震が発生したため、復興復旧対策に支社一丸となって、また他支社からも支援を仰ぎ、最大限の対応をしています。特に今回、桑鶴大橋(斜張橋)の補修補強解析業務を受けて、国総研、土研との協議に日々対応し、地震による橋梁全体の被害状況を探る挙動解析を行っており、これら成果は今後の耐震指針等にも活用されます。

支社の雰囲気は明るく元気、笑い声が聞こえる社内です。福岡は食べ物が美味しく、イベントもその関係が多く、社員旅行、花見、デイキャンプ、暑気払いビール園、年末大忘年会などを行っています。社内旅行は地の利を生かし、海外旅行も行っています。スポーツは建設コンサルタンツ協会の野球、ソフトボール大会、福岡ドームリレーマラソンに参加しています。

新入社員も毎年、優秀な人材を採用しており、女性技術者も活躍しています、とにかくまだまだ伸び代のある支社で、様々な事に挑戦したいと考えています。土木関係で未来にレガシーを残したい方、やりたい事がまだ見つからないあなた、どうか弊社に興味を持っていただき、是非支社に遊びに来てください。

PHOTOS