大日本コンサルタント株式会社

北陸道路

北陸道路

北陸道路 M.S.

東京電機大学 理工学部理工学科卒(2013年)
北陸道路4年目

北陸道路 M.S.

東京電機大学 理工学部理工学科卒(2013年)
北陸道路4年目

笑顔を忘れず、礼儀正しく!
「頼られ力」の維持・向上につながる真摯な姿勢!

【一つひとつの出会いを大切に】

こんにちは。私は、M.Sと申します。

私と大日本コンサルタントの出会いは、Facebookを経由したものでした。Facebookで「会社訪問」したい学生はいませんか?というイベント情報に、タイミング良く見つけた私はすぐさま応募。5名先着順という運をゲットし、イベントに参加することが出来ました。会社訪問では、具体的に行っている業務内容や仕事の取組み方、仕事場の風景等を見せていただき、働いている社員の方との交流もさせていただきました。私がこの機会に感じたことは、「人の魅力」です。

会社訪問に応募した後、会社について勉強をしようと考えていた就活生の私は、採用情報に記載されている「信頼できる仲間がいるから、本気で働ける」という言葉を目にし、すごく惹かれました。小学校のころから大学まで野球をしており、チームで何かを成し遂げることに対しての楽しさ・素晴らしさを知っていたからです。会社訪問、OB訪問や面接等を通じて、仲間意識の強いこの会社で働きたいという想いが大きくなり、縁に結ばれ現在に至ります。

大学では交通工学系の研究室に属しながら防災関係の研究をしており、「防災を踏まえたまちづくりをしたい」という想いを持って入社しました。配属先は北陸支社(富山県)となり、入社するまでは具体に抱いていなかった分野である「道路設計」を担当することになりました。私の上司がリーダーとなって行っていた仕事でもあり、幸運にも入社1年目から大きな案件の担当として業務をやらせていただきました。業務の対象となる道路は、県と県を結ぶ主要な国道であり、地すべり地帯や土砂災害が起こる区間を通過する上位レベルの設計でした。道路設計・地盤防災・橋梁といった複数の部署が携わる業務でしたが、リーダーがチームとしてみんなをまとめ、懸命に取り組んだ結果、北陸地方整備局局長表彰という最高の結果に結びつきました。リーダーの仕事の進め方、取り組み姿勢、お客様からの信頼感を新入社員ながら間近で見させていただき、その「姿」が現在の理想の技術者像となっております。

【技術者、そして教育者へ】

私の今後の目標は、魅力あふれる技術者になることです。仕事面・人生面において、なにかあればSさんに相談したい!と思われる「ひと」になることを目標にしています。「組織(会社)は人で構成されている」ことを頭に置き、魅力ある人が集まる会社、魅力ある人を育てる会社として、知名度を上げることに貢献できたら良いな、と考えております。

PHOTOS


  • 事故防止や見通し確保のため交差点改良を施策予定。フォトモンタージュを使用し、地元の方へわかりやすい説明を実施。

  • 毎年恒例北陸支社BBQ&各部署対抗ソフトボール大会、ハイレベルな争いで大盛り上がり!

  • 7名の精鋭でフルマラソンへ出場。沿道の声援を力にし、初出場で見事完走!