大日本コンサルタント株式会社

中部地域

中部地域

中部地域 M.S.

大阪市立大学大学院 工学研究科都市系専攻 2015年修了
中部地域に配属され2年目

中部地域 M.S.

大阪市立大学大学院 工学研究科都市系専攻 2015年修了
中部地域に配属され2年目

それぞれ地域の特性・魅力を引きだし、
より良い地域づくりを行う。

【入社の動機】

大学で都市計画・まちづくりを研究し、実際に地域の協議会等に参画していました。行政や住民など様々なプレイヤーがいる中で、コンサルタントが果たす役割に魅力を感じ、まちづくり・都市計画に専門的な立場で関わる仕事をしたいと思い、建設コンサルタントを志望しました。

【入社後の仕事】

都市やまちに関わる計画の策定を行っています。これまでは、空き家の調査・定住促進施策立案の業務、地産地消のエネルギー循環を目指すバイオマス産業都市構想の立案、河川敷公園の計画など多岐様々な業務を行いました。

それぞれの案件の内容は全く異なりますが、一貫していることは「それぞれ地域の特性・魅力を引きだし、より良い地域づくりを行う」ことが主な仕事ということです。

【やりがいを感じた事】

1年目で担当した空き家の調査業務では、社内で経験が無いタブレット端末を用いた調査方法について提案しました。「それいいね!やってみよう!」と上司に積極的に背中を押してもらい、そこから調査の企画、マネジメント、結果の分析、そして、施策の立案までを行いました。技術力と知識が及ばない部分は上司や先輩方にフォローしてもらいながらも、そのように積極的な意見を汲んでもらえる環境に、社内の風通しの良さを感じます。そしてお客さんからも迅速な調査と成果品の出来に満足していいただき、これが近い将来、実際の施策として運用され、住民の生活に直結するものであると実感し、やりがいを感じています。

【これからの夢】

目指す技術者像は、多くの知見をもち、社内外から信頼される技術者になりたいと思っています。ハード・ソフト問わず、これからも地域づくりに関わる様々な事に専門的な立場から関わる仕事を行いたいと思っています。そのため、その時々の時流を読み、柔軟に対応できる人になりたいと考えています。

仕事に一生懸命取り組むことはもちろんですが、仕事以外で心掛けていることは、フットワーク軽く活動することです。勤務地は「名古屋」ですが休日は地元「大阪」へ出向き、イベントを手伝いに行くなど、学生時代から関わっている団体に継続的に関与しています。ワークショップやイベントの主催等を行う経験が、業務に役立つこともあります。

また、地元にとどまらず、旅行にもよく行きます。楽しむことはもちろん、さまざまな地域の先行事例を実際に見ることで、より良い提案をするためのストックをどしどし貯めています。

休日はしっかり休むという組織の体制ができているからこそ、自由な時間が充実し、仕事に良い影響を与えられているのではないかなと思っています。

PHOTOS


  • 休日は、地元「大阪」へ出向き、イベントに参加