大日本コンサルタント株式会社

東北地域

東北地域

東北地域 C.K.

滋賀県立大学大学院 環境科学研究科環境計画学専攻 2015修了
東北地域に配属され2年目

東北地域 C.K.

滋賀県立大学大学院 環境科学研究科環境計画学専攻 2015修了
東北地域に配属され2年目

入社して2年、今は、仕事を通して自分が「好きなこと」を追求しています。

【多様な専門分野を持った技術者が集まる社内で「まち」を感じる】

私が所属する東北支社地域交通計画室は、業務の分野が幅広く、一人ひとり専門分野も異なります。道路交通に詳しい人・まちづくりの計画に詳しい人・公共施設に詳しい人・・・室にいるだけで「まち」のスケールを体感できるのは、「まち」が成立するための多くの要素と、その一つ一つの要素にある専門分野の存在を知ることができるからで、それがこの室の魅力だと思います。

入社1年目は、都市再生整備計画という「まち」の公共空間の整備方針を提案する業務や、住民参加のワークショップを通して被災地の土地利用を検討する業務、人口の将来ビジョンを計画する業務等に携わりました。どの業務も、右往左往しながら上司についていくだけでしたが、その中で考えたこと・感じたことは非常に貴重なものだと思います。

2年目は、主担当業務(児童遊戯施設基本構想策定業務)を持たせてもらえたので、自分の考えがダイレクトに協議資料に反映される楽しさを味わえています。また、資料完成までの過程は、「考えること」と「アウトプットすること」の繰り返しなので、考え方・アイデアが蓄積されていることを実感できます。

【些細なことがきっかけで今の仕事を選んだ】

正直なところ、私は大学4年生頃まで当社どころか「建設コンサルタント」という存在すら知りませんでした。コンサルタントを知るきっかけとなったのは、大学での卒業研究や教授との出会いですが、土木の世界に目を向ける根本的なきっかけは、テレビに偶然映った「放置駐輪にあふれた街」を見たときです。この非常に些細なことから、「まちを知りたい」と思うようになり、当社を希望したことを覚えています。

まだ社会人になって短いですが、私は仕事の題材が「好き」に繋がる職種を選んでよかったと思っていますし、いつかは「まち」に関する幅広い分野の考え方を知る専門家・技術者になれるように、自分の「好きなもの」を追求していきたいと思っています。

 因みに、建設コンサルタントには女性が少ないイメージがあるかもしれませんが、社内には多くの女性が在籍しています。また、「なでしこ会」という会があり、支社の壁を越えて交流できる場が整備されているなど、女性にとっても過ごしやすい環境がつくられていると思います。

PHOTOS


  • H28支社旅行