次世代型インフラ維持管理計画システム

インフラ施設のトータルエンジニアリング

・橋梁をはじめとした社会インフラの維持管理においては,人員不足や予算不足に伴うサービス水準や安全性の低下,計画と実施の不整合など,課題が山積しています。
・これらの課題に対し,PDCAサイクルの各フェーズで活用可能な当社独自の要素技術にAIを適用し,次世代を見据えたインフラマネジメント支援システムを開発しています。

 

道の知恵袋+(プラス)

 

 

当社が保有する橋梁維持管理システムに,AIによる操作支援や分析機能などをカスタマイズし,自治体様が管理するインフラ施設の状況に応じた支援システムを提供します。

 

橋梁点検支援技術

新技術・3次元データ・AIによる損傷検出から補修数量算出など,デジタルツールを活用した独自開発技術により,橋梁点検の高度化を支援します。

 

床版電磁波レーダー × SIVE※

 

床版上面の損傷を非破壊で検査する「床版電磁波レーダー」,および,橋上から専用装置による衝撃加振から床版の健全性を評価する「SIVE」により,道路橋床版の深刻な損傷から守ります。

 

 


お問い合わせ

インフラ技術研究所 技術開発部  担当: 牧、小林、石井、横山
E-mail : info@ne-con.co.jp TEL : 048-615-2224 FAX : 048-615-2229