ニュースリリース

2016年11月1日

「インフラモニタリングシステム」の開発・実証実験に着手


西松建設株式会社、大日本コンサルタント株式会社らから成るコンソーシアムは、佐賀大学・伊藤幸広教授、長崎大学・松田浩教授らの指導、また、福岡県久留米市の協力を頂き、“安価で長持ち“ “設置が容易”をコンセプトにした橋梁遠隔モニタリングシステム「インフラモニタリングシステム」のプロトタイプを開発し、供用中の道路橋梁「長門石橋」にて実証実験を開始しました。

PDF「インフラモニタリングシステム」 の開発・実証実験に着手

最新の記事

8月9日
日建連表彰2022第3回土木賞特別賞を受賞|史跡鳥取城跡擬宝珠橋復元工事
8月3日
東京工業大学真田純子准教授による石積みの講演会を開催しました
7月22日
オンライン無料セミナー 「地方自治体におけるSDGsの進捗管理とモニタリング」(第1回)のご案内