ニュースリリース

2018年12月14日

「AIを活用した道路橋メンテナンスの効率化に関する共同研究」につきまして


国立研究開発法人 土木研究所は、「AIを活用した道路橋メンテナンスの効率化に関する共同研究」のため、当社を含む25者の共同研究者を決定しました。本共同研究では、AI技術によるメンテナンスサイクルにおける点検・診断・措置の信頼性向上を目指し、「点検AI(床版の土砂化等)」、「点検AI(画像解析)」、「診断AI」の開発に取り組んでいきます。

当社も共同研究者として社会インフラ老朽化に対する課題解決に向け、より効率的な維持管理を目指したAI技術の開発に取り組んでまいります。

詳細につきましては、国立研究開発法人 土木研究所のホームページを下記より参照ください。

 

最新の記事

3月12日
国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用
3月6日
新卒採用募集要項を更新しました
2月22日
擬宝珠橋|道路構造物ジャーナルNETにて紹介されました