ニュースリリース

2012年2月9日

フィリピン国 道路・橋梁の建設・維持に係る品質管理向上プロジェクトフェーズIIを受注


当社と株式会社片平エンジニアリング・インターナショナル(本社:東京都中央区、代表取締役:君島正美)は共同企業体として、独立行政法人国際協力機構(JICA)より「フィリピン国 道路・橋梁の建設・維持に係る品質管理向上プロジェクトフェーズII」を受注しました。

本事業は、公共事業省(DPWH)本省及びモデルリージョン事務所の道路・橋梁の点検、補修等技術の向上、維持管理サイクルの改善を行うことにより、道路・橋梁維持管理能力の向上を図り、フィリピン国の道路・橋梁の維持管理改善に寄与することを目的として実施されるものです。
当社は、2011年10月より3年間に渡り、維持管理マニュアルの作成支援、パイロットプロジェクトの実施支援、維持管理技術向上に係るOJT等を行います。

独立行政法人国際協力機構(JICA)ウェブサイトに、本事業に関する概要及び進捗状況が掲載されています。

合同調整委員会(JCC) の開催状況
(JICA専門家チーム)

合同調整委員会(JCC)開催後の記念撮影

カウンターパートの作業グループ (CWG)ミーティングの開催状況

執務室でのマンスリーミーティングの開催状況

最新の記事

10月14日
出演のお知らせ|ドボラジ
9月24日
BIM/CIM LIVE 2020 第2回|弊社インフラ技術研究所員が「ECI取組み事例紹介」にて登壇します
9月14日
「大日本コンサル/道路整備の効果をAIで客観評価するシステムを開発/優先順位を確定」の記事が日刊建設工業新聞に掲載されました