ニュースリリース

2014年7月11日

海老江JCT 鋼管集成橋脚」が土木学会技術開発賞を受賞


平成25年度土木学会技術開発賞を「性能向上とコスト縮減を両立した鋼管集成橋脚の開発」が受賞しました。鋼管集成橋脚は、阪神高速道路会社の「海老江JCT」に採用されたものであり、当社は概略設計を担当し技術検討を行いました。

EbieJCT

技 術 名

インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト

受 賞 者 金治 英貞,小坂 崇,篠原 聖二,杉浦 邦征,野中 哲也
事 業 名 阪神高速2号淀川左岸線(海老江ジャンクション)
事 業 者 阪神高速道路株式会社

 

土木学会「技術開発賞」とは
計画、設計、施工、または維持管理等において、創意工夫に富むと認められる技術(情報技術、マネージメント技術を含む)を開発、実用化し、土木技術の発展を通じて、社会に貢献したと認められる者に授与されます。

下記のリンクも併せてご覧下さい。

最新の記事

12月6日
世界初となる「橋梁劣化推定AI」の適用性検証を実施
12月5日
「技術発表会 研さんと交流の場に 大日本コンサル」についての記事が建設通信新聞に掲載されました
12月3日
「業務成果発表会」を11月15日に本社にて開催しました ~技術の研鑽と異分野技術交流の創出~