ニュースリリース

2012年2月3日

第50期(2012年6月期)第2四半期投資有価証券評価損に関するお知らせ


当社は、「その他有価証券」に区分される保有有価証券のうち、時価が著しく下落し、その回復があると認められないものについて、平成24 年6月期第2四半期において減損処理による投資有価証券評価損を特別損失として計上する必要が生じましたのでお知らせします。

なお、四半期会計期間における投資有価証券の減損処理につきましては、四半期洗替え法を採用しておりますので、平成24年6月期の期末日の時価により特別損失の額が変動する場合、もしくは特別損失を計上しない場合があります。

PDF 平成24年6月期第2四半期 投資有価証券評価損に関するお知らせ

最新の記事

7月15日
「橋梁分野でも大きな相乗効果を見込む|大日本コンサルタントとダイヤコンサルタントの共同持株会社「DNホールディングス」が発足」の記事が道路構造物ジャーナルNETに掲載されました
7月15日
「DNHDが発足/橋梁分野で「圧倒的首位」へ」の記事が建設通信新聞に掲載されました
7月15日
「DNHD発足/大日本コンサル・ダイヤコンサル、シナジー最大化で「脱請負」」の記事が建設工業新聞に掲載されました