ニュースリリース

2019年12月3日

「業務成果発表会」を11月15日に本社にて開催しました ~技術の研鑽と異分野技術交流の創出~


大日本コンサルタント株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長執行役員:新井伸博)は、第58期業務成果発表会を2019年11月15日(金)に開催致しました。

1.「業務成果発表会」実施概要
イベント名:第58期 業務成果発表会
開催日:2019年11月15日(金)
会場名:本社大会議室、各支社WEB会議室
目 的:業務における優れた成果や研究開発成果の発表を通じた技術の研鑽
    社員相互の異分野技術交流の創出
    本社部門から支社へ向けた技術情報共有
参加者:約300名(WEB会議による参加者を含む)
備 考:業務成果発表では、急速施工に配慮したECI方式による橋梁詳細設計、橋梁点検用マルチコプタ、Park-PFI検討業務など、幅広い新制度・新技術の分野から発表が行われました。発表会の様子はWEB会議システムで全支社・支店に中継しました。

 

2.「業務成果発表会」にて実施した内容
① 業務成果発表(15編)
② 特別講演・博士論文発表(3編)

最優秀賞:題目:「大樋橋西高架橋等詳細設計業務 ~ECI方式による詳細設計業務の実施上のポイント~」
発表者:中村太郎 大阪支社構造保全計画室

新井社長執行役員からのコメント: 
「技術者は何が起こるかを予想し、それに対して計画を立て、そして予想を超えることが起きたときに対応するものである。また、隠れている問題を発見して、解決策を示す力が求められる。これまでの業務成果発表会を踏まえ、我々技術者のあるべき姿を振り返ることも大切である。」

最新の記事

12月6日
世界初となる「橋梁劣化推定AI」の適用性検証を実施
12月5日
「技術発表会 研さんと交流の場に 大日本コンサル」についての記事が建設通信新聞に掲載されました
12月3日
「業務成果発表会」を11月15日に本社にて開催しました ~技術の研鑽と異分野技術交流の創出~