ニュースリリース

2021年4月15日

弊社社員が国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ-」に登壇します


中部大学 中部高等学術研究所 持続発展・スマートシティ国際研究センター、アジア開発銀行研究所(ADBI)が主催する国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ-」において、弊社インフラ技術研究所・森田紘圭が登壇します。皆様のご参加をお待ちしております。

 

国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ- 」開催概要

日時:2021年4月19日(月)4:45 PM to 8:30 PM
形式:Webinar形式
主催:中部大学 中部高等学術研究所 持続発展・スマートシティ国際研究センターアジア開発銀行研究所(ADBI)
参加費:無料(事前登録制)
講演テーマ:Japan Practice of QOL application to Motorways and Street Design

 

 

 

 

最新の記事

8月9日
日建連表彰2022第3回土木賞特別賞を受賞|史跡鳥取城跡擬宝珠橋復元工事
8月3日
東京工業大学真田純子准教授による石積みの講演会を開催しました
7月22日
オンライン無料セミナー 「地方自治体におけるSDGsの進捗管理とモニタリング」(第1回)のご案内