ニュースリリース

2021年4月15日

弊社社員が国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ-」に登壇します


中部大学 中部高等学術研究所 持続発展・スマートシティ国際研究センター、アジア開発銀行研究所(ADBI)が主催する国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ-」において、弊社インフラ技術研究所・森田紘圭が登壇します。皆様のご参加をお待ちしております。

 

国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ- 」開催概要

日時:2021年4月19日(月)4:45 PM to 8:30 PM
形式:Webinar形式
主催:中部大学 中部高等学術研究所 持続発展・スマートシティ国際研究センターアジア開発銀行研究所(ADBI)
参加費:無料(事前登録制)
講演テーマ:Japan Practice of QOL application to Motorways and Street Design

 

 

 

 

最新の記事

9月17日
海外ジャーナルに弊社社員共著論文が掲載されました
9月9日
「統合シナジー最大化へ DNホールディングスが本格始動」の記事が日刊建設通信新聞に掲載されました
9月9日
【新刊案内】弊社社員共著『交通・都市計画のQOL主流化――経済成長から個人の幸福へ』