ニュースリリース

2020年11月11日

当社社員が土木学会田中賞選考委員会かけはし賞を受賞しました。


土木学会全国大会年次学術講演会において当社社員共著「コンセプト設計に基づく長大橋の橋梁計画~みなと神戸に架かる橋~」が土木学会田中賞選考委員会令和2年度かけはし賞を受賞しました。

タイトル:コンセプト設計に基づく長大橋の橋梁計画~みなと神戸に架かる橋

著者:杉山 裕樹1、佐藤 彰紀1、岡上 政史1、谷 成二2、上中 一弘2、平山 博3、池田 大樹3、松井 哲平3
(1.阪神高速道路、2.国土交通省 近畿地方整備局 浪速国道事務所、3.大日本コンサルタント)

概要:インフラが成熟してきた現代においては、個々の橋梁に求められる真の性能を検討し、それを実現していくことが重要と考え、大阪湾岸道路西伸部では、計画コンセプトを立案し、それに基づく橋梁計画を行っている。本稿では六甲アイランドとポートアイランドの間に位置する新港・灘浜航路部に架かる長大橋の橋梁形式選定の取組みを示す。

 


土木学会 田中賞選考委員会 かけはし賞(外部リンク)

 

 

最新の記事

3月1日
気仙沼湾横断橋ライトアップと祈念花火のライブ配信
3月1日
「ドローンを用いた橋梁点検の課題、解決方策」が建設機械2021年3月号に掲載されました。
2月26日
「特集:ドローン橋梁点検徹底解剖2021|マルコ」についての記事がドローン.bizに掲載されました