ニュースリリース

2020年11月25日

当社社員が令和2年度土木学会全国大会「年次学術講演会優秀論文賞」を受賞しました


令和2年度土木学会全国大会 第75回年次学術講演会におきまして、弊社社員の小林 俊之が「年次学術講演会優秀論文賞」を受賞いたしました。

 

発表論文:一様な海面水温上昇を境界条件とする台風シミュレーションに基づいた風速再現期待値の増加率評価

キーワード:台風シミュレーション、地球温暖化、設計基準風速、風速の100年再現期待値

地球温暖化によって海面水温が上昇しており、台風が成因となる風速の再現期待値が大きくなる懸念がある。
しかし、将来の海面水温の上昇分布は不確定でもある、そこで、過去の海面水温分布に対して一様に海面水温を上昇させたものを境界条件として、統計的な台風の発達、盛衰を加味して風速の再現期待値の増加率を把握する方法を提案する。本研究では、海面水温の上昇分布を仮定した既往研究と本研究の結果を比較することで、一様に海面水温を上昇させる方法の妥当性を調べた。最後に、再現期待値が増加しやすい地域を調べると共に、21世紀末には再現期間400年以上の風速が再現期間100年となる可能性を示した。

 


(関連リンク)

令和2年度土木学会全国大会 第75回年次学術講演会優秀論文賞

 

最新の記事

4月13日
弊社社員が「第3回 建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO) 」特別セミナーに登壇します。
4月9日
「大日本・日比谷アメニスGに 北区飛鳥山公園Park-PFI」の記事が建設通信新聞に掲載されました
4月7日
新型コロナウイルス感染者の発生について