ニュースリリース

2021年2月2日

(一財)砂防・地すべり技術センター(技術公募)「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」に選定されました


(一財)砂防・地すべり技術センター(STC)によるテーマ設定型(技術公募)「UAV等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」について、大日本コンサルタント株式会社・株式会社フルテック共同体が応募した『高精度な画像撮影操作を飛行区域外遠隔地から指示できる無人航空機(仮)』が選定されました。

 

 

今回選定された技術は、技術検証段階に移り、その評価結果については、九州地方整備局新技術活用評価会議で審議のうえ、NETIS ホームページの「テーマ設定型の比較表」にて公表される予定です。

※「テーマ設定型(技術公募)」:直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを 設定し、民間等からの技術公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料 (技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取組み。

 


(関連リンク)

「UAV 等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」((一財)砂防・地すべり技術センター)外部リンク

 

 

最新の記事

4月26日
『FlyFisher2021年6月号 Early Summer』に弊社社員が寄稿しました。
4月20日
ご案内|4月23日(金)開催「ドローンを利用した橋梁点検」無料座学講習会
4月15日
弊社社員が国際シンポジウム「交通と都市の計画評価におけるQOLの主流化 -Wider Economic ImpactからGNH, SDGsへ-」に登壇します