ニュースリリース

2021年9月17日

海外ジャーナルに弊社社員共著論文が掲載されました


弊社インフラ技術研究所の社員が、外部の研究機関等と共同で検討した床版の耐荷性能をAIで評価する論文が、インパクトファクターがついている海外ジャーナル〔Engineering Structures〕に掲載されました。AIを構造性能に結びつけた研究はこれまでになく、貴重な研究内容といえます。

掲載誌:

Engineering Structures Volume 246, 1 November 2021

論文タイトル:

Early damage detection of fatigue failure for RC deck slabs under wheel load moving test using image analysis with artificial intelligence

 

Highlights

•Un-damaged and ASR-damaged RC deck slabs are tested under moving wheel loading.

•Detection of small delaminations (pits) along cracks that arise from out-of-plane shear deformations.

•U-Net architecture is proposed as machine learning model AI for crack’s detection.

•Pit density could be considered an early index of upcoming fatigue failure RC deck slabs.

 


(お問い合わせ先)

インフラ技術研究所 TEL:03-6850-0064 E-mail:info@ne-con.co.jp

 

最新の記事

8月9日
日建連表彰2022第3回土木賞特別賞を受賞|史跡鳥取城跡擬宝珠橋復元工事
8月3日
東京工業大学真田純子准教授による石積みの講演会を開催しました
7月22日
オンライン無料セミナー 「地方自治体におけるSDGsの進捗管理とモニタリング」(第1回)のご案内