交通

Traffic

人・モノの円滑な交流が地域経済に大きく影響します。効率かつ効果的で、全ての人が使いやすく、地域経済の活性化などに貢献する交通ネットワークづくりに取り組んでいます。

総合交通計画
地域の人・自動車、公共交通の動きに関する調査・分析・予測を行い、将来の地域づくりに適応した総合的な交通体系に関する計画を立案します。

前へ

次へ

  • パーソントリップ調査

    地域の実態を計画に反映するため、どのような人が、どこからどこへ、どのような目的で、どの時間帯に、どの移動手段を利用したのかなど、人の動きに着目した調査

  • 総合都市交通計画

    将来都市像の実現に向け、都市が抱える問題や将来の課題をとらえ、徒歩・自転車・公共交通・自動車等の総合的な都市交通のあり方を提案

  • 交通まちづくり計画

    ワークショップなどを通じて、まちづくりの目標を地域のみなさんと共有し、望ましい交通体系を計画立案し、施策展開へと支援

  • モビリティ・マネジメント

    渋滞緩和、環境負荷軽減、健康増進等の課題に対し、公共交通機関の利用や徒歩・自転車など、かしこく使う方策を提案

自動車交通計画
人の移動を支える自動車は、便利な反面、交通事故や交通渋滞等の問題を引き起こしています。
安全で円滑な社会の実現に向け、将来の道路網構想の計画、渋滞・事故問題の解決、事業の必要性や効果の検証等に取り組みます。

前へ

次へ

  • 広域道路網計画

    国土全体や地域全体の広域的な社会交流、また、都市圏の将来像と地域づくりに適合した広域道路ネットワーク計画を提案

  • 渋滞分析、対策立案

    最適な対策案を提案するため、交通流シミュレーションを用いて、渋滞発生メカニズムを分析し、対策実施時の効果を検証

  • 事業評価

    事業着手前から実施後までの各段階において、道路整備の必要性や効果を分析し、事業の妥当性・継続性・有効性を評価

  • 整備効果

    事業実施による様々な効果(渋滞解消、事故減少、地域経済への影響など)を分析・評価し、一般の方々にも分かりやすい資料を提案

公共交通・歩行者・自転車計画
地域特性や街づくりの方向性、住民ニーズなどを踏まえながら、便利で安全・快適な、持続性のある公共交通や歩行者・自転車計画を立案します。

前へ

次へ

  • 公共交通ネットワーク

    超高齢化・過疎化が進行している地域での日々の生活を守るため、バスなど身近な移動手段を利用し、より使いやすく、持続性を担保した公共交通計画を提案

  • 自転車利用総合計画

    自転車の適正な利用を促進し、安全で快適な自転車利用環境を創出する総合計画を提案